1. トップページ
  2. お知らせ
              ふくおか「万作の会」 35周年記念公演野村万作 卒寿祝い特別公演   2022年 1月7日(金)・1月8日(土) 福岡/大濠公園能楽堂 野村万作 狂言「花盗人」 野村萬斎 狂言「鬮罪人」 野村裕基 「三番叟」     ふくおか「万作の会」は、昭和63年に野村万作の最後の「釣狐」を機に、上質な狂言を楽しむ会として発足、狂言の中の大曲や秘曲、稀曲など様々な演目を35年にわたり楽しんでいただきました。 今回は祝いに際し、万作の孫 裕基が「三番叟」を九州では初めてご披露し
●ご報告 -2021年 夏季狂言の会 -           2年ぶりとなります大分・熊本・福岡での夏季狂言の会、感染対策を充分に講じご来場いただきました皆様のご協力のもと、無事に終えることができました。野村万作も90歳にして現役で舞台に立ち、萬斎、裕基らと息のあった舞台を見せてくれました。閉塞感の続く中、演者、スタッフ、お客様みなさまとともに、生の舞台をとおしてより一層感動や喜びを分かち合うことができたのではないかと思います。ご来場いただきました皆様、ご来場・ご協力を賜り本当にありがとうございました。   <次回公演(予定
          みなさまお元気にお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 ふくおか・熊本・大分「万作・萬斎の会」」では、夏季「狂言の会」を開催する運びとなりました。 昨年の夏は公演ができず本当に残念な思いをいたしました。感染症の状況はいまだ深刻ではございますが、みなさまに安心してお越しいただけますよう最善の感染防止対策をとって開催いたします。   今年の公演も野村万作、野村萬斎、野村裕基との親子三代での公演です。   笑う門には福来る、 みなさまのご来場お待ち申し上げます。   ◆  お客様へご協力お願
●ご報告 -2021年1月9日(土)第34回ふくおか「万作の会」 無事に開催- 加速するコロナ禍に数年ぶりともいえる寒波に見まわれ大変な状況下での公演でしたが、無事に終えることができました。大雪のため会場にお出かけいただけなかった皆様には本当に申し訳なく思っております。今回は、しめ縄、竹、松を舞台に設え、萬斎のお話しをかわきりに、万作の小舞「芦刈」、狂言「文荷」、「末広かり」と、お正月にふさわしい素晴らしい舞台となり和楽の世界を楽しんでいただきました。ご来場いただき誠にありがとうございました。   <次回公演(予定)> 2021年 夏季狂言の会 9月18日(土):大分公演
    【ご来場のお客様へご協力のお願い】 第34回ふくおか「万作の会」開催に際しまして、福岡県の方針および(公益社団法人)全国公立文化施設協会による新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインをふまえ、下記のとおり感染予防対策を実施いたします。ご来場の前にご一読いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。     ご来場の皆様へご協力のお願い   ●ご来場時には必ずマスクをご着用ください。 ※受付にマスクの予備を準備しておりますので必要な方はお申し出ください。 ●ご入場の際や、ホール内では他のお客様と十分な間隔(最低1メートル)を空けて
  みなさまお元気にお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 ノマ企画では新型コロナウイルス感染症拡大にともない、狂言師や作家たちの活動支援として和手ぬぐいとポストカードを製作販売し、収益の一部を支援金として狂言師や作家らに寄付する取り組みを発表いたしました。(2020年7月14日付) 7月に開始しこの数か月間、たくさんのご支援、応援のメッセージをいただきました。皆様のご支援のお気持ちは我々の力にもなりました。ご協力いただきました皆様に心より厚くお礼申し上げます。 7月に開始いたしましたこの取り組みでございますが、本日 10月1日(木) をもって終了とさせていただきます。賜りましたご支
芸術文化 活動支援 狂言演者・作家 活動支援のご案内       (九十九伸一 「アイリス」/2020)       新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、活動自粛中の狂言師や作家たちの応援のため、活動支援 として ポストカード と 和手ぬぐい を製作しました。  売上は、芸術文化にたずさわる作家・狂言師他の活動支援金として使わせていただきます。 是非お申込みいただき、ご支援いただければ幸いに存じます。     商品①         商品② &nbs
新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。   1月12日(日)開催 第33回ふくおか「万作の会」 残席わずかです。お早めにお問い合わせくださいませ。        
2019年 ふくおか「万作の会」 ご案内 ~野村万作 米寿記念公演~   来年、野村万作は88歳の米寿を迎えます。 来春(2019年1月)の第32回 ふくおか「万作の会」は、 野村万作 米寿記念公演として、大曲「靭猿」の公演に決定いたしました。 福岡では、平成16年に萬斎の長男 裕基が初舞台で演じて以来です。 その裕基も、今回は太郎冠者役として出演、 万作の孫 なつ葉が子猿を演じます。 猿曳に萬斎、大名に万作、と親子三代での舞台となります。 その他に、小舞「雪山」、狂言「岡大夫」、「棒縛」など、 お正月にふさわしい楽しい演目です。 皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。  
新緑の爽やかな季節、皆様におかれましてはお元気にお過ごしのことと存じます 地方においても日本の伝統芸能である狂言のすばらしさや奥深さを沢山の方にご覧いただきたいと願い 発足させました夏季「狂言の会」も22回目を迎えることになりました (熊本は大地震によって一度中止となりましたので今年で21回目となります) 今年もまたそれぞれの地域や会場にあった演目を選出しての公演となります。 今年のふくおか「萬斎の会」は、萬斎の長男・裕基も出演し、親子三代での部隊です テーマは「旅」。旅にまつわる狂言「茶壷(ちゃつぼ)」「素袍落(すおうおとし)」「雷(かみなり)」で お楽しみいただきます 熊本では、10年ぶ
  • 古典芸能

月別アーカイブ

梵天 History

株式会社ノマ企画では、2017年5月まで山口県下関市長府にて茶屋と画廊を併設した画廊茶屋「梵天」を営業しておりました。

  • 茶屋
  • 画廊