長府観光情報

  画廊梵天では、11月19日(土)~12月14日(水)まで  川岸富士男の「椿と四季の草花譜展」を開催致します。    川岸富士男は、本草図譜に影響を受け、1997年より手書き本「翠花」の制作を開始。季刊「銀花」(文化出版局刊)に「翠花」の全十冊が紹介され、話題となる。著書に「植物画 プロの裏ワザ」。 今回は椿をはじめ、春夏秋冬・四季折々の作品を展示いたします。    皆様のお越しをお待ちいたしております。    ●こちらより、展示風景をご覧いただけます●       【場  所】
1800年の歴史ある長府の町から人々の交流と芸術文化の発信をと願い、 食して、観て、耳を傾けて、五感で感じる大切な空間として 梵天は歩んで参りました。 世の中、いえ、人々が大きく変動していく昨今の時代に人生の師からの貴重 なお話しは、生きる上での糧となり、知力となり、心豊かになります。 梵天では、今年7回に渡って梵天〝おはなしの会〟を 開催することになりました、お話しをしていただくのは 「日本の文化を考える会」の宮﨑義敬氏(忌宮神社前宮司)です。 毎回テーマを決めてのお話しですが、 折にふれ、歴史ある長府のお話しもしていただきます。 開催日と内容は以下の通りです。   ◎
  三十周年特別記念公演 ふくおか「万作の会」 お知らせ・ご案内   昭和63年に福岡の地に能楽堂が出来てより、 地方においても上質な能楽を観る会として 発足しましたふくおか「万作の会」も来春は30周年を迎えます。 野村万作の最後の「釣狐」をはじめとして、 式楽「翁・三番叟」「木六駄」「花子」「靭猿」「狸腹鼓」「岡太夫」「川上」「枕物狂」等、数々の大曲の公演を企画して参りました。 ふくおか「万作の会」は、野村万作と共に福岡に根づき、 なくてはならない会として狂言の奥深さや素晴らしさを 伝え、守り、育てることが出来たのではないかと思います。 本年85才になりました野村万作は
    画廊「梵天」では、10月25日(火)~11月16日(水)まで 川野裕一郎作品展を開催することとなりました。   海峡のまちで出会った様々な光景を 具象と抽象を混ぜながら 新しい風を吹き込んで描いた作品。   油彩からドローイングまで 多彩な表現方法で描いた作品約25点を展示いたします。 画廊梵天では2回目の個展です。 是非ご高覧下さいますよう、お待ちしております。     ●こちらから展示風景をご覧いただけます●   【場  所】 下関市長府 画廊「梵天」   【開催日時】 平成28年10月25日(火)&n
   20周年記念 大分「夏季・狂言の会」、 水前寺成趣園能楽殿での熊本「支援狂言」も 無事に終えることが出来ました。   大分では野村万作の「木六駄」の至芸を  堪能されたことと思います。  熊本での支援狂言も、暑い中  2000人の観客が集まり、  親子三代の舞台を楽しんでいただき  復興の大きな力となったようです。  万作・萬斎・裕基も  実際に崩れた熊本城を見て驚き、  心を痛め、舞台から熊本の皆様へ  「笑いのパワーで早く熊本が元気になって欲しい」&nbs
      熊本はこの4月に未曾有の大地震に見舞われました。  県内各地は立ち上がれない程の被害です。  心を病んだ子供達も沢山です。    梵天では、南阿蘇と葉祥明絵本美術館復興の為に  支援活動をいたします。くまモンとブルービーの遊ぶ 美しい南阿蘇の大自然に子供達の笑顔と笑い声の 戻ってくる日が来ることを願っています。     開催期間 2016.6.11Sat ~6.30Thu  展示の様子がこちらからご覧いただけます。 ●18日(土)15:00~● 葉山祥鼎さんによる 阿蘇と絵

長府写真館

私たちの故郷であり古き良き日本の美しい姿を今に伝える長府の写真の数々。
個人での利用はもちろん商用でのご利用もすべてフリーです。

もっと読む: 長府写真館

  • Thumbnail of 功山寺
  • Thumbnail of 染井吉野
  • Thumbnail of 功山寺
  • Thumbnail of 功山寺
  • Thumbnail of 高杉晋作像
  • Thumbnail of 染井吉野・枝垂れ桜
  • Thumbnail of 功山寺・正門
  • Thumbnail of 功山寺
  • Thumbnail of 功山寺・仏殿
  • Thumbnail of 功山寺・旧博物館